性病を防ぐための、正しい避妊知識

性病は知らないうちに感染をしてしまうこともある病気で、自分では気付かないうちにかかっているということも考えられます。
それは性病の中にはすぐには症状が出ないものも多いからです。
何も症状がないので、自分は性病にかかっていないと思っていると、知らないうちに他の人にまで感染を広げてしまうこともあるでしょう。
そのため、性病を徹底的に予防したい思った時には、きちんと正しい方法で予防していかなくてはいけません。
間違った方法で予防をしていては、気付かないうちに感染をしてしまっている可能性があります。

性病のほとんどは性行為をした時に感染をします。
そのため、不特定多数の人と性行為をすることだけで、感染リスクが向上します。
症状のない人でも感染源を持っていることがあり、そういった人と性行為をすると場合によっては感染症にかかります。
性行為をする時には、特定の相手とだけにして、さらに定期的に性病の経緯差を行っておくと安心です。
性病の検査をすれば、症状がない状態でも感染をしている病気を持つけることができます。

カップルで2人ともが性病検査をして感染をしていないことを確認しておけば、その相手との性行為だけであれば、性病感染リスクはかなり低くなるでしょう。
他には性行為をする時にきちんとコンドームをつけて、皮膚や粘膜が直接触れないようにすることも大切です。
徹底的に予防をしたい時には、挿入をする前の状態で必ずコンドームをつけるようにします。
射精の瞬間だけコンドームをつけても性病予防にはなりません。
挿入をする時には、事前に必ずコンドームの装着をしているか確認する習慣をつけておくと安心です。

避妊法にはピルを使っているという人もいますが、ピルは避妊効果は十分にありますが、性病の予防効果はありません。
ピルを使っても皮膚や粘膜が直接触れている状態になれば、性病の感染の恐れがあります。
避妊をしていることと性病予防は違った意味があるので、ピルを使っていても性病の予防をしましょう。

三大性病とその予防方法

日本では過去には淋病と梅毒の患者数が非常に多かったようですが、現在ではクラミジアという性病の患者数が最も多いとされています。
クラミジアは若い人に多い性病だと言われていますが、症状が出にくい病気なので、他の世代にも多い可能性があります。
クラミジアに感染をした人のうち、半数以上は症状が何も出ないと言われています。
男女共に症状が出にくい性病のため、感染に気付かないまま性行為を繰り返して、ここまで感染が広がっているのでしょう。

クラミジアの患者数は正確に把握できておらず、今すでに多くの感染がわかっていますが、まだ感染に気付いていない人の数も相当多いのではないかと予測されています。
症状がなくても、検査をすればクラミジアに感染をしているかどうかはわかります。
次に多い性病が性器ヘルペスです。
これはヘルペスウイルスに感染をすると発症する病気で、感染力が非常に強いという特徴があります。
唇に症状が出る口唇ヘルペスという病気は別のヘルペスウイルスが原因ですが、最近ではオーラルセックスにより、性器ヘルペスのウイルスが口唇ウイルスを起こすことも増えています。

ヘルペスウイルスは感染力が強いため、性行為をしていなくても日常的な皮膚の接触でも感染を広げる恐れがあります。
日常生活の中でも皮膚や粘膜の接触がないように気をつけるようにしましょう。
しかし、同じ空間にいるだけではうつることはありません。
血液や精液が付着するとそこから感染をすることがあります。
同じ空間にいることは大丈夫ですが、血液がつかないように注意はしておきましょう。

淋病も患者数の多い病気です。
日本ではこの3つの病気が三大性病と呼ばれています。
ほかにコンジローマと言う病気も患者数の多い病気です。
コンジローマも含め三大性病にかからないようにするためには性行為はもちろん、オーラルセックスの時にもコンドームの着用をしましょう。