クラミジアの症状と治療薬ジスロマック

白い錠剤と葉

クラミジアは症状が現れないことも多い病気で、それも原因の一つとなり感染者数の多い性感染症です。
感染者のうち、男性は約50%、女性は約80%の人が症状を自覚しないまま感染しているとされています。
また、症状が出ていたとしても軽度であったり、他の自然治癒が可能な病気と間違えて治療を受けずにいる人もいます。
クラミジアは自然治癒が期待できない病気です。
軽度であってもクラミジアの症状に該当するものがあれば検査を受けてみるようにしましょう。

症状は男女で違いますが、男性の場合は感染が性器から尿道、射精管、精管、副睾丸へと進行していきます。
初期症状で気が付かずに放置してしまい、炎症が両方の副睾丸に及ぶと男性不妊の原因となります。
各部位に炎症が起こると現れる症状は膿のような分泌物が出ることや排尿時の痛み、尿道のかゆみや違和感・不快感、副睾丸の腫れ、全身の倦怠感などです。
女性の場合は性器から子宮頸管、卵管、卵巣へと進行し、女性の場合も不妊の原因となります。
主な症状は性器のかゆみやおりものの増加、織物の臭いの変化、排尿時の痛み、不正出血、下腹部の痛み、性交時の痛みや出血などです。
また、女性の場合は不妊だけではなく妊娠後の早産、死産、出産時の母子感染などのリスクもあります。

感染の経路は性行為のみであるため、感染者との性行為は控えるようにしましょう。
クラミジアは症状が現れるまでに潜伏期間があり、数日の間に感染経路と考えられる性行為がないとしても性行為以外の感染はありません。
潜伏期間は1週間から3週間で、パートナーが感染に気が付いていないだけで感染している可能性が高いです。
感染に気が付いた場合はパートナーも検査を受けることが大切です。
また、パートナー以外に心当たりがないという場合でも、パートナーが検査で陰性となることもあります。
クラミジアの治療には抗生物質が用いられるため、別の病気に対して処方された薬で感知していたということがあります。
もし、パートナーが陰性でも空気感染はあり得ないので、感染原因は性行為のみだと考えましょう。

細菌感染の特効薬?!ジスロマックの効果効能

クラミジアの治療薬として現在、最も選ばれているのはジスロマックです。
以前はクラミジアの治療にはクラビットが選ばれていましたが、クラビットの成分に耐性を持つ菌が増えてきて十分な効果を得られないケースがでてくるようになったため、ジスロマックが選ばれています。

ジスロマックはアジスロマイシンという成分を含む抗生物質です。
ジスロマックはマクロライド系に分類される薬で同じ系統にクラリスロマイシンという薬もあります。
クラリスロマイシンもクラミジアの治療薬としての効果は確認されていますが、ジスロマックはこの中でも特にクラミジアの菌への効果が高いものです。
また、マクロライド系の特徴は副作用が少ないことで、妊娠中の方や子供でも服用できます。

ジスロマックはクラミジアの菌への除菌率が90%と非常に高く、副作用が少ないことからも第一選択薬として選ばれていますが、感染した菌によってはジスロマックの成分であるアジスロマイシンに耐性を持っている場合があります。
その場合、十分な効果が得られず別の薬で治療を行わなければなりません。
ジスロマックの他に選ばれる治療薬としてはクラビットやレボクイン、ミノマイシンなどがあります。
レボクインはクラビットのジェネリック医薬品で安価で使用できるのが特徴です。
ミノマイシンはミノサイクリンという成分を含む抗生物質でクラビットの症状が重症化している場合などにも使用されます。
ミノマイシンはジスロマックと同等の効果が見込めるとされている薬ですが、ミノサイクリンは妊婦への処方ができないこともあり、ジスロマックが最も選ばれています。

クラミジアの治療でジスロマックを使用する場合、基本的には1回服用して治療は終了です。
ジスロマックは1回の服用で7日間効果が持続します。
そのため服用は1回で済みますが、菌を体内から死滅させるまでには3,4週間かかります。
そのため、治療期間を終えた後の検査でクラミジアへの感染が陰性と確認されるまでは性行為は控えなければなりません。
また、ジスロマックはクラミジアの菌以外にも様々な細菌に効果のある薬です。
リンパ管・リンパ節炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、副鼻腔炎など幅広い症状に効果があります。
このような症状に対して薬の効果が7日間持続し、それぞれの原因菌を死滅させることで治療を行います。